LINEで問合せる

留学・学校相談
専用フォーム

その他
お問い合わせ

キャリアアップ留学

英語力の伸ばすだけでなく、専門知識・技術を習得し今後のキャリアアップにつなげるための留学をする方が増えています。

 

カナダ・バンクーバーには数多くの職業訓練校や私立専門学校があり地元のカナディアンの学生だけでなく、インターナショナル生にもその門を広く開いています。

 

また、カナダでは6ヶ月以上私立・公立の専門学校・カレッジに通学する場合はアルバイトをすることが許可されているため、

学校に通いながら週に20時間までアルバイトをする事が出来ます。

その為、ご予算に余裕がない方も学校に通学しながら生活費を稼ぐことが出来ます。

 

専門プログラムは短期でも受講する事ができ、3ヶ月と短いものから24ヶ月(約2年)と長期のものなど希望や滞在期間にあわせて選択できます。

 

もちろん授業はすべて英語で行われ、地元のネイティブの学生・高い語学力を持つインターナショナル生と一緒に勉強するため入学には高い英語力が不可欠となります。学校ごとに入学条件があり、英語力が入学条件を満たさない場合は、付属の語学学校または提携している語学学校で基礎英語を学んだ後に進学することも可能です。

 

専門分野に興味のある方や、スキルアップ・キャリアアップとして学びたい方にお勧めです。

バンクーバーで専門学校に通学するメリット

Co-op 制度

Co-opとは有給での就労体験(有給インターンシップ)の事を指します。Co-op付のプログラムではコースの前半に座学で専門知識を学び、コース後半に学んだ分野で有給インターンシップを行うカリキュラムとなっていることが一般的です。受講条件に年齢は含まれないため、30歳を過ぎてワーキングホリデービザを申請できない方でもCo-opプログラムを受講することで、海外で就労経験を得る事が出来ます。

 

幅広い選択肢

学校の数が多いため、専門分野の幅が広く、私立専門学校では一般的なビジネス・ホスピタリティーなどの分野はもちろんのこと、IT、ツーリズム・ビューティー・幼児教育・医療の分野のプログラムを提供する学校もあります。

日本で学んでいる・経験のある分野を英語で学びなおす事も可能ですし、全く新しい分野の専門知識を身につけることも可能です。

求人の多さ

バンクーバーは留学地・観光地として人気があるためハイシーズンには各国から沢山の外国人が訪れます。その為、”英語”が出来るだけでなく、”日本語”が話せる人材の募集が職種を問わず多くあります。”日本人であるというアドバンテージを生かして”、有給インターンシップを探す際に他の国・地域に比べて就職しやすいというメリットがあります。

 


Co-op プログラムの魅力

いろいろな理由でカナダに長期滞在したい人にとっても、在学期間中にアルバイトが出来る・プログラム後半には有給でフルタイム勤務が出来るCo-op付のプログラムはお勧めです。

また、Co-op経験で得られた人脈・コネクションは自分の頑張り次第でさらにその先のカナダ就労チャンスに繋がることもあります。

 

語学習得の観点からも、実際の就労環境で仕事をするというのは生きた英語を学ぶまたとないチャンスです。

将来、英語環境で仕事をしたい人にとって、大きな自信になるでしょう。

 

【メリット】学んだ知識を現場で使える

【メリット】収入を得られる

【メリット】英語環境で働いた経験が得られ、就職に有利

【メリット】その業界の人脈を得られる

【メリット】カナダ長期滞在が実現できる、その後の就労・移民へ繋がる可能性がある。

 

こんな人にお勧め

【再就職前のキャリアアップ】

 

社会人として働き始めると、中々海外に長期滞在するようなお休みは取れませんよね。

そのため、転職前に長期で海外に滞在することを希望される方も多くいらっしゃいます。

 

また、折角海外に長期滞在するのであれば、バケーション・観光だけでなく今後のキャリアに繋がるようにビジネス英語の受講、専門知識の習得、就労経験を得る方も多く、この経験が今後の転職に大変有利になります。

【これからの就職活動に備えて】

 

大学4年生から始まる就職活動前に日本で企業インターンシップを経験される方は多くいらっしゃるかと思います。

もし、将来的にグローバルな環境で働ける人材になりたいと希望される場合は、是非海外でのインターンシップを経験してみてください。

 

ご自身が興味ある分野の就労経験が出来るだけでなく、多文化であるカナダで働くことで文化背景や第一言語が違う方とコミュニケーションを取ることも可能となります。

北米で働く経験を得る事は今後の就職活動にはもちろんの事、就職してからも大いに役に立つことでしょう。

【会社の留学プログラムをつかって】

 

企業の福利厚生や人事プログラムを使いご留学を検討されていらっしゃる方も多くいらっしゃるかと思います。

 

その場合は、短期であってもただ英語を学ぶだけでなく今後の企業にとってプラスとなるような専門分野で学ぶことが出来ます。

 

また、クラスメイトには様々な国から同じような目的で語学+スキルアップの為カナダに留学をしている場合もあり、同業者とのコネクション・人脈を作ることも可能です。

お勧めな学校とプログラム

ビジネスに関して学ぶなら

Canadian College

カナディアンカレッジは留学生に人気のあるビジネスカレッジです。7つの学科があり、ビジネスマネジメント・ホスピタリティ・国際貿易・ソーシャルメディアマーケティングなど多数の人気のクラスを開講しています。

コースは最短で3ヶ月のサーティフィケート取得コースから、Co-op(有給インターン)付の2年の長期のコースのご用意もございますので、滞在希望期間や資格取得希望に併せて選択していただけます。


通訳・翻訳について学ぶなら

Arbutus College

アビュータスカレッジは、ビジネス・ホスピタリティ・国際貿易など人気のビジネスコースを開講していますが、他の学校と違うところは日英の通訳・翻訳コースを開講していることです。

通訳翻訳プログラムでは、英語・日本語の語学理解の向上にとどまらず、状況に応じた翻訳・通訳のテクニックから翻訳者の心得までを経験豊富の講師より学んでいただけます。


プログラムミング・ITを学ぶなら

Cornerstone International Community College of  Canada

コーナーストーンカレッジはバンクーバーのダウンタウンにあるビジネスカレッジです。もともとカナディアンの現地生向けに専門知識を学べるように設立されましたが、近年では留学生の受け入れも積極的に行っています。特にITの分野に強く、プログラミング・保守管理・デザインなど手に職をつけたい方にはお勧めの学校です。


観光学・ホスピタリティについて学ぶなら

CANADIAN TOURISM COLLEGE(CTC)

カナダのツーリズム・ホスピタリティを学ぶなら老舗のカナディアンツーリズムカレッジ。1980年の創立以来3万人以上の卒業生を送り出しています。観光・ホスピタリティ・フライトアテンダントなどの分野で専門知識とスキルの習得にフォーカスした学校で、各分野で実務経験や知識を持った質の高い講師から学ぶことが出来ます。クラスは50%カナダ人50%が留学生とバランスがよいのも特徴です。