LINEで問合せる

留学・学校相談
専用フォーム

その他
お問い合わせ

 · 

バンクーバーの治安

日本は世界的にみても治安がよい国といわれています。そして、海外留学する際に治安が日本とどのように違うのか、何を気をつけるべきなのかをご案内いたします。

バンクーバーの治安

カナダはアメリカに比べて治安が良いといわれております。2020年までにバンクーバーに訪れた旅行者からのアンケート調査を行っているNUMEROのウェブサイトを参考にすると、下記のような結果になっています。

 

・犯罪

・盗難や、空き巣の心配:低い

・置き引き、引ったくり、スリの心配:低い

・暴行を受ける心配:低い

・暴言を言われる心配:低い

・肌の色や民族によって暴行を受ける心配:とても低い

・ドラックに関する問題:高い

 

・日中の一人歩きの安全性:非常に高い

・夜の一人歩きの安全性:高い

 

これらは、あくまで旅行者からのフィードバックですので安全性の担保となる情報ではありませんが、バンクーバーに来た方がどのように感じたか参考までにご参照ください。

https://www.numbeo.com/cost-of-living/
https://www.numbeo.com/cost-of-living/

カナダの大麻合法化について

カナダは2018年10月17日に国内で大麻の所持・使用が合法化されることになりました。

それまでも、マリファナは比較的入手しやすく裏取引を取り締まるためにも合法化が進められたとされています。

大麻(マリファナ)とは

大麻(たいま)は、他にもマリファナ、Weed(ウィード)やHarb(ハーブ)、Grass(グラス)など様々な呼び名があり、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。

 

含有される約60種類のカンナビノイド、特にテトラヒドロカンナビノール には薬理作用があり、紀元前から用いられてきた。

 

カナダは2018年10月17日に国内で大麻の所持・使用が合法化されることになりました。

 

合法化以前にも、マリファナは痛みの緩和など医療目的で処方されており、他の薬物やアルコール、タバコに比べて依存性や害の少ないドラックと認知されています。

 

大麻の使用率

合法化した後の、マリファナ使用者の数は、合法化前と大きく変わらず4.6万人だいたい人口の約15.3パーセントの人が使用しているという調査結果が出ています。

 

2017年度に行われた国政調査では、タバコの使用者も約15.1%であると発表されていますので、タバコと同じような割合でマリファナを吸っている人がいます。

 

体感的には、タバコを吸っている人よりもマリファナを吸っている人のほうが多いように感じます。

日本人のカナダでの大麻の所持・使用

→カナダで大麻が合法化されるにあたり、バンクーバー日本領事館から日本人の大麻使用に関しての注意換気がありました。

ので、引用してご紹介します。

 

1.カナダでは,大麻(マリファナ)及び大麻の有害成分を含む製品(食品の形状をしたものや肌に塗るタイプのもの等)の所持・使用が合法化されています。

 

2.一方、日本では大麻取締法において,大麻及びその製品の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ,処罰の対象となっています。

 

3.この規定は日本国内のみならず,海外において行われた場合であっても適用されることがあります。

 

4.在留邦人の皆様及び日本人旅行客の皆様におかれては,これら日本の法律を遵守の上,日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

 

5.合法的な大麻の流通販売は,宣伝が禁止されるなど,カナダ政府によって厳しく規制されていることから,旅行者が容易に購入できる状況にはありませんが,非合法的な大麻の販売も依然として存在していますので,十分注意願います。

 

マリファナは、吸うタイプのものだけでなく、マリファナクッキーやパウンドケーキなど食べ物に入れて販売している場合もあります。

基本的に、コンビ二・スーパー・ドラックストアなどでは販売していることはありませんが、屋台や出店などで販売しているものを買うときには注意しましょう。

危険なエリア

バンクーバーの中心地・ダウンタウンのイーストサイドにあるヘイスティングストリートは、ホームレスのシェルターなどもある一帯であるため、昼夜とわず1人歩きを注意すべきエリアです。

特に、立ち寄るべきお店などもない為、留学中は行くことはないと思いますが、バスなどから外をみると、イーストヘイスティングストリートに入ると道にゴミが散乱し、ホームレスが道に増えるため直ぐに入るべきではないエリアだと察することが出来ると思います。

バンクーバー滞在で気をつけること

・混雑時の電車など、リックサックやショルダーバックは背中側ではなく、お腹側でもつ事を習慣づけましょう。背中だとバックを勝手に開けられてしまい中身をとられてしまうことも。

 

・セルフサービスのカフェやレストランに行ったときに、席を確保するため、またはトイレに行く際に荷物を席に置いたままにするのはやめましょう。席に荷物を置いたままオーダーをしに行って、戻ってきたら荷物がなくなっている!なんてこともよく起こります。自分の貴重品、荷物は常に持ち歩きましょう。

 

・狭い通路に入らない。メインストリートから外れた暗く、壁に落書きやゴミが散乱しているような道は特に日が沈んでからは避けましょう。

 

・窓を開けたまま外出しない、特に夏時期は空き巣が多いため、短い外出時であっても不在時は全ての家の窓を閉めましょう。

 

・知らない人についていかない、相手にしない、警戒する、はっきり「NO」という。土地勘のない、外国人をだまして利用しようとする人もいます。

トラブルに巻き込まれないようにするには

カナダ留学中の生活は、常に危機管理意識を持って生活する事が重要です。最初は緊張していても、「カナダにも慣れてきたから、このくらいなら大丈夫。」という気の緩みが思わぬトラブルや犯罪に巻き込まれるきっかけになります。

海外でトラブルに巻き込まれた場合、言語や社会システムの違いもあり自分で解決することは難しく、心身ともに大変な負担がかかります。

 

カナダ・バンクーバーは治安が良いといわれていますが、海外に滞在しているということを常に忘れず、日ごろからしっかりと危機意識を持って過ごすことでトラブルを避けることが出来ます。

トラブルに巻き込まれたときの対処法

警察・消防車・救急車: 緊急電話番号 911

→公衆電話からコインなし、カナダの携帯電話からも無料でかけられます。

警察でも、救急車の要請でも、すべて911の同じ番号に電話します。911に繋がったら警察(Police)、救急車(Ambulance)、火事(Fire)など何の対応が必要かをまず伝えましょう。

バンクーバーなどの都市部では、日本語のサポートが受けられる場合があるので英語での電話に自信がない場合はJapanese speaker pleaseと要請してみることも可能です。

盗難・紛失 緊急時でないときの問合せ:604-717-3321

→鞄や貴重品などの盗難にあり、被害総額が$5000以下の場合は、警察の問合せ窓口に電話、またはウェブサイトから被害報告が可能です。

 

電話番号:604-717-3321

ウェブサイト:https://vancouver.ca/police/contact/report-a-crime.html

 

※緊急ではない盗難などの軽犯罪は911ではなく、上記の電話番号に通報しましょう。

※電話・ウェブサイト以外でも最寄の警察署で被害届を提出することも可能です。

クラブハウス・日加センターではカナダに滞在する上で必要不可欠な情報を皆様のビザの種類、滞在期間に合わせて提供をしております。

バンクーバー留学をご検討中の皆様には、無料でカウンセリングを承っております^^

 

同時にカナダ人との1対1の英会話クラブ、学校紹介、ホームステイ紹介、ビザサポート等を行っておりますので、こちらもお気軽にお問い合わせください。

 

-----------------------------------------------

バンクーバー現地留学エージェント

クラブハウス・日加センター

留学相談・お問合せはこちらから

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓